健康なはずなのに敏感肌のために妊娠中に起きた肌トラブル

妊娠中、毎回検査のある糖や血圧などには全く問題がなく、健康そのものでした。しかしながらホルモンの変化による影響で敏感肌のわたしには肌トラブル発生。鼻の頭におおきなできものができたんです。つわりを乗り越えて安定期に入った頃でしょうか、六ヶ月くらいの時に赤いおおきなできものが鼻の頭にポツン。あまりの大きさに驚き痒くも痛くもありませんでしたがかかりつけの皮膚科へかかりました。するとやはり妊娠が原因によるものだとか。出産時に破れたりすると出産に集中もできないだろうからと形成外科を紹介され、すぐにかかることに。しかしながら妊娠中のため手術をしたあとに服用する薬が合わないためホルモンの影響であれば産後に小さくなることもあるかも、そう言われて一旦は様子を見ることになりました。妊娠中も形成外科には状況を診てもらうため何度か通いました。出産予定日の二週間前まで。

産後もまずは二ヶ月で形成外科へ行きました。大きく赤くできたできものは出産直後はまっ黒く固くなり、その後徐々に色が白くなっていき今では柔らかく肌色に目立たなくなりました。相変わらず大きさは変わってません。ですので次回、さらに三ヶ月経過した産後五ヶ月の頃に手術希望で形成外科を受信する予定です。敏感肌、というか何か疲労やホルモンの変化によりいつも皮膚にトラブルを起こす肌です。日々対処法を模索していますが結局は皮膚科の受診が必須になりそうです。肌トラブルも主に顔に出るのが曲者です。女性に生まれた以上やはり顔は気になるのでどうにかならないかということが小さい頃からの悩みです。

比べてお得!

Copyright 2017 この化粧品なら安心 健康な素肌を目指そう All Rights Reserved.