肌の健康維持のための敏感肌のケア

敏感肌というのは、食べ過ぎ・飲み過ぎ・ストレス・環境の変化といった周囲の環境因子に敏感に反応してしまう肌体質のことです。健康で正常な肌ならば起こらないような肌トラブルに見舞われることも多いです。たとえば食べ過ぎた翌日にニキビができていることがありますが、これは過剰に脂が分泌されている状態だと言えます。また、肌の健康にとって最も悪いと言われているストレスはすぐに肌に表れます。いわば肌はこれらの不摂生を教えてくれる信号機のような役割を持っているようなものです。敏感肌の人はたまたまその反応が過剰に出てしまうので、肌のトラブルが多く見えてしまうのでしょう。

こうした敏感肌のなかでも多いのが乾燥肌です。普段はオイリー肌だという人でも、必要なときにはその脂分が分泌されず、乾燥肌になってしまう人もいるようです。乾燥肌がなぜ起こるのかというと、肌のなかに必要な水分や脂分が足りていないからです。また、最近では過剰な洗顔などから必要な脂分まで落としてしまっているという場合も増えているようです。乾燥肌対策には洗顔後の正しいケアが大切です。化粧水・乳液・クリームといったアイテムをうまく使うのです。化粧水では肌に必要な水分を補ってくれるような成分を含むものを選びましょう。たとえばヒアルロン酸やローヤルゼリーといった保湿性が高い成分が含まれているものがオススメです。乳液・クリームは乾燥しやすい冬場などは特に念入りにつけましょう。

比べてお得!

Copyright 2017 この化粧品なら安心 健康な素肌を目指そう All Rights Reserved.