敏感肌という健康問題

最近聞き慣れた言葉となった敏感肌。しかし実際にはそれは俗称であって、医学的に敏感肌という病名は存在しません。強い洗剤やお肌に合わない化粧品を使用した際に、肌が乾燥してしまったり、アレルギー反応にも似た赤みが広がったり、洋服によってヒリヒリした痛みが走ったり、痒くなったりするなど、他の人よりものに反応しやすい肌を通称敏感肌と言っているのです。最近では、女性の社会進出に合わせて精神的なストレス、不健康な食生活、そして住環境の急激な変化によって、肌が一時的に敏感になる人も増え、症状を訴える一が跡を絶ちませんが、医療的に病気ではないので具体的な診断基準や治療法があるわけではないので自己防衛するしかないのが現状です。しかし、多くの化粧品会社や製薬企業が敏感肌に対抗して薬や化粧品を研究、開発しており、基礎化粧品にかぎらず、ポイントメイクでも敏感肌用という商品も出てきています。これほどまで敏感肌という言葉が普通になってくると、今まで病気として扱われなかった精神病的な病のように、病名として医学的に認められ、基準が作られるかもしれません。

肌が敏感肌と呼び称されるキッカケには、健康習慣の他に花粉やアレルギーがの場合もあります。アレルギー症状を例に取ると、そのアレルギーにおいては、鼻水が出る、鼻がグズグズするなどの症状しかなくても、実は鼻だけでなく、全身がアレルギーを引き起こしやすい敏感体質になってしまうことがあります。

このように知名度を挙げてきた敏感肌。しかしその知名度は同時に治療法がないからこそとも言えます。今のところは個人の知恵での対策が主といえるでしょう。

比べてお得!

Copyright 2017 この化粧品なら安心 健康な素肌を目指そう All Rights Reserved.